【留学初心者必見】渡航準備〜心得編〜

こんにちは。ター坊です。

始めて海外行く時って緊張しますよね。
僕も初めて行く時は緊張しました。
その初めての海外が語学留学でした。

今回、紹介する内容は「渡航に関しての心得」です。
海外へいく=英語力は必須です。
語学留学する方の目的はやっぱり英語学習。

その英語学習に加えて、海外での過ごし方の心得を紹介していきますので、是非最後までお読み頂けましたら幸いです。
それではどうぞ!

目的は明確に

結論は渡航目的をしっかり決めて行きましょう。
何故、留学をしようと思いましたか?
その理由は

  1. 英語を学びたい
  2. 海外で暮らしてみたい
  3. 海外の大学に進学したい
  4. 世界1周したいから英語力を磨きたい

など、様々あると思います。
目的を決めて、滞在中の過ごし方についてもしっかり事前に決めて有意義な留学生活を送りましょう。
それでは参考に留学中のスケジュールを紹介します。

※学校によってスケジュールは異なります。
各語学学校に確認しましょう。

日程午前午後
渡航初日レベルチェックテスト&オリエンテーションショッピングまたは授業
2日目〜6日目授業授業
週末外出もしくは自習外出もしくは自習

肝心なのは最初の1週間です。
フライト疲れ、緊張、環境の変化に不慣れな人には少々辛い1週間になるかもしれません。
しかし、同じような境遇の人、一緒に入学した仲間、先輩や語学スタッフがいますので遠慮なく周りに相談しましょう。

相談事ではなくても、色んな人が留学してます。
高校生から社会人、シニアの方もいます。
同じ日本人同志でも、声をかけコミュニケーションをはかり、仲良くなるのもありです。

当然、語学留学なので多国籍の友人も作るようにしましょう。
これが留学を成功する秘訣の一つです。

ベルリッツキッズ

失敗しない留学の仕方


留学する人、みんなが成功をしてる訳ではありません。
英語力が伸びなかった人、やりたい事が出来なかった方も少なからず存在します。

失敗例

理由は様々あるかと思います。
1例で言うと

  1. 事前の学習が足りなかった
  2. モチベーションが上がらなかった
  3. 日本人同士で固まりすぎた
  4. 週末に遊んでばかり
  5. 海外の生活に慣れなかった
ベルリッツキッズ

理由①

これは全くもってもったいないです。
留学へ行こうと決めた日、もしくはその前から事前に学習する事は必須です。
というのも、授業は全て英語で行われ教科書も当然、英語表記です。
英語力0で来ると初日で心が折れてしまいそうになるので、これから留学を検討する方はしっかり事前に学習をしましょう。

学習方法はこちらの記事をご参考ください。
【英語力0から始める】初めての英語学習
自宅でも簡単に英語を向上させる方法

理由②

なんらかの原因でモチベーションが低下してしまった恐れがあります。
主な理由は英語力についていけない、環境に慣れない、遊びに夢中になってしまう。
など、何かしらの理由で勉強が疎かになってしまうケースもあります。
そうならないように、目的を再度認識し、緩んだ紐を結び直しましょう。

理由③と④

せっかく英語に触れ合う機会なのに、日本人同士で固まり、母国語ばかり使ってしまうケースです。
そして週末の遊びの誘い。色んな目的の方がいるので週末はおもいっきり羽根を伸ばしたい人もいれば、週末もしっかり自習し英語を身につけたいという方もいらっしゃいます。

どちらが良いとは一概には言えませんが、週末に羽根を伸ばすの全然ありです。
しかし、英語に触れる機会のある留学です。
多国籍の友人を作り一緒に自習したり、ショッピング行ったり、日本人だけではなく、多国籍の子と一緒に過ごすのも英語上達の秘訣です。

理由⑤

これに当てはまってしまったら海外が向いてない可能性があります。
日本と異なる環境で病んでしまう方も少なからずいます。
しかし、何かのきっかけで好きになったりしますので、始めから無理と思わず、勇気を振り絞って挑戦してみましょう。

留学のオススメの過ごし方


せっかく海外に来たのだから観光スポット、その国の文化に触れるのもありですね。
日本では体験できない事や、景色がここセブ島にはあります。

  • マリーンアクティビティ
  • 歴史的観光スポット
  • ショッピングモール
  • ボランティア

これらは留学生活には欠かせないアクティビティです。
平日に溜まった勉強疲れやストレスから解消され、日本と異なる文化を感じて、自身の人生観や価値観に変化を与えてくれます。
しかし、遊びすぎには注意しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
最後にポイントをまとめると

ポイント
・目的意識ははっきりと
・海外にいるという意識(防犯にも役立ちます)
・日本人ばかりで過ごさないで多国籍の友人をつくる
・事前に学習はしっかり
・異文化コミュニケーションと受けいれる気持ちを持とう

これらの意識をしっかりもてば、素晴らしい留学生活が訪れるでしょう。
正直、英語の上達はあくまでも自分次第。
しかし、その自分次第では素晴らしい費用対効果が得られるのも留学の醍醐味です。

この記事が誰かのお役にたてれば幸いです。
それではSee you next~!!!

Twitterをチェックしよう!