【海外に行けない!?】感染症危険情報の更新

こんにちはター坊です。
6月5日に外務省の海外安全ホームページ内で「感染症危険情報」が更新されました。

なんとフィリピンはレベル3(渡航中止勧告)に指定されました。
フィリピン以外の国もレベル2〜3に指定されているので、特別フィリピンだけが危険という訳ではないのであしからず。

今後、旅行関連、語学留学はどうなるのでしょうか。
それではどうぞ。

危険情報・危険レベルとは

危険情報の詳細につきましてはこちらからご参照ください。
渡航を検討されてる方は常にこういった情報を入手し、安全に務め行動するように心掛けましょう。
補足として、「在留届」の提出や「たびレジ」に登録するとその国の安全情報がメルマガで送れてくるので最新の情報を入手できます。

在留届、たびレジについてはこちらからどうぞ。

ベルリッツキッズ

いつ渡航できるのか

予想では2021年の春頃ではないでしょうか。
ポイントとしては下記、5つの項目がクリアにならないと難しい状況と認識してます。

  • 感染危険情報のレベル引き下げ
  • 出入国の制限解除
  • ワクチンの有無
  • 政府の許可
  • 飛行機の運行再開

現地の状況は

フィリピン・セブ島では爆発的な感染者数の増加は治まりつつあり、ショッピングモール、公共機関の交通も戻りつつはある。
仕事も業種にもよるが一定の条件をクリアしたら、再開もできる。
しかし、飲食、レストランなどのイートインはまだ再開はしてないが、テイクアウトやデリバリーはOKなお店もある。
まだまだ予断は許さぬ状況に変わりはない。

セブ島は観光業が盛んな都市であり、今後も経済が危ぶまれると予想してます。
それに伴い治安の悪化が懸念されます。

現時点、重大な犯罪が起こったとの情報はないが、行動には十分に注意は必要だ。
夜間の不用意な外出をするだけで強盗やスリのリスクを高めてしまう可能性もあり、GCQ(一般的なコミュニティ検疫)中は外出制限もある。
違反すると罰金もしくは逮捕されてしまうようなので、気をつけましょう。

ベルリッツキッズ

旅行&留学は大丈夫なのか!?

感染危険情報のレベル引き下げ、さらには出入国の際の制限解除、そして飛行機の運行再開が鍵を握るだろう。
万が一、通常に戻っても100%稼働は恐らく無理であろう。

語学留学を検討されてる方は、常に情報を入手する努力は怠らぬようにしましょう。
そして今のうちに事前学習を入念にしておけば、渡航時、少しは楽になるでしょう。
学習方法などは追って書いていきますのでお楽しみに。

まとめ

3月頃より、拡大してきた新型コロナウィルスの影響で経済に大打撃を与え、ライフスタイルの変更を余儀なくされている状況。
今後の世界がどう変わっていくのか注視したいですね。

1日でも早く終息し元の生活に戻れるように願うばかりです。
この記事が何かのお役に立てれば幸いです。

それではSee you next~!!!

Twitterをチェックしよう!