【フィリピン】意中の女性をサッと気軽にデートに誘う方法

今日は、この内容についてお話しいたします。

好きな子をデートに誘うときに必ず思ってしまうこと

  • 断られて傷つきたくない
  • 好きな子から微妙な反応をされるのが怖い

でも、誘うなら

  • 笑顔で「行こっか!」
  • 素直に「良いよ!」

と言われて、承諾してほしいですよね。

そんな、眠れぬ男子のために成功率が高く断られにくいデートの誘い方を伝授します!
※個人差がありますので、予めご了承ください。

一度、断られましょう!

「ん??」と誰もが頭に??と浮かんだでしょう。
断られたら意味ないじゃん。と思う人も多いはず。

具体例をだすとこんな感じです。

自分:「今から映画観に行こうよ」
フィリピン人女性:「ごめん。予定があるの」
自分:「じゃあ、最近新しくできたカフェで少しまったりしようよ」

これは、本命のお願いをする前に断られる前提のお願いをして、断られてから本当の小さな願いを聞いてもらう手法です。

普通の男性なら断られたら落ち込んでしまいそうですので、諦めない気持ちがないと難しいかもしれません。

因みに、この誘い方は、ある心理学に基づいて作られているんです。

誘った時に誘われているフィリピン人女性は、「断っちゃった。映画は無理だけど、少しくらいカフェなら良いかな
と考えてしまうんです。

この手法は、

単純にカフェに行こう。とデートに誘うよりも、圧倒的に承諾される可能性が高まります。

僕も昔、この手法でデートに誘ったことがありますので、効果的な方法ですよ。

ただし、この手法は最初の本命は、冗談っぽく言ってみてください。

重たいデート・人間と思われないためです。

・最初から脈がないフィリピン人に効果はありません。
・執拗な誘いは逆効果でチャンスを逃してしまいます。
・重たい雰囲気のデートは誘ってはいけません。
ベルリッツキッズ

話の流れで誘いだそう

これは、一番多くのデートに誘い出せる高確率な方法です。

誘いたいフィリピン人女性とメールのやり取りをする中で、お互いの趣味の話になると思います。
映画が好き、ミルクティーが好き、ラーメンが好き。等があれば、その話の流れで「ここのラーメン屋がセブ島で一番美味しいから行かない?」と誘えば、大抵のフィリピン人女性は承諾することでしょう!

これが2人の趣味から距離を縮めるチャンスです。

メールだけでは限りがあります。
お互い会って話すだけで、信頼感・安心感を作ることができますし、2人の距離はぐ〜んっと縮まること間違い無いです。

最後に

フィリピン人は、純粋で真っ直ぐ、嫉妬深い部分があります。
でも、いつも笑顔が絶えないし、親切で気が利くので、一緒にいて楽しいひと時となるでしょう。

この記事が、皆さんのお役に立てれば光栄です。

応援クリックお願いします!PVアクセスランキング にほんブログ村

それでは、またです。

Twitterをチェックしよう!