【セブ島】フィリピン人とハッピーになれるお店で楽しむ「Happy Sumo」

フィリピン・セブ島マンダウェイ市のホテル1階部分にある日本食レストラン「Happy Sumo」にフィリピン人女性とHappyになってきた。

セブ島には、日本食レストランが何十軒とあり、それぞれ味や特徴などが違うので、お店を選ぶのも大変なんです。

残念な事にフィリピンで日本食レストランを経営するのは難しい。
なぜなら、日本と異なりフィリピン人はよく転職する。料理を覚えた頃には辞めてしまうケースが少なくない。
その為、味を維持することが困難で、開店当初と3ヶ月後で味が違うレストランが多い。
・情報収集をしっかり行う(FacebookやInstagramをチェック)
→こまめに情報更新されているかしっかり確認しましょう!
・実際にお店の前に行き、お客さんの入りを確認
→お昼や夜、特にお客さんが入る時間帯に、お客さんが少なかったりいない場合は避けましょう。

ホテル外観はこんな感じです。
「Orchard Hotel」の1階にHappy Sumoがあり、真向かいには英語学校「CIA」があります。

お店の外見はこんな感じです。

今年(2020年)2月ごろにリノベーションをしたばかりで、店内は明るく清潔感があります。
店内は、カウンター席、テーブル席があります。(コロナの関係で座席数は従来の半分になっています。)

メニューが豊富で、お寿司やラーメン、丼物まで種類は様々です。
「Happy Sumo」はお寿司がオススメです。
僕は、お寿司が恋しくなったら、必ずここに来ています。

箸箱やティッシュ、調味料(醤油やラー油など)が置いてあります。

まずは、マンゴーシェイク。
マンゴーの色味はありませんが、味はマンゴーとわかるくらい濃い味でした。

そして、ゲソマヨ。
一人だと量が多いので、複数人でシェアタイプです。

マヨネーズの風味とイカがマッチして、お酒が進むような味でした。
お好みでタバスコを無料で貰えるので、少し付けて食べると更に美味しいですよ!

納豆巻き。
回転すしに行くと、よく見かけるし、日本に行けば好きなだけ食べれる納豆。
海外に住んでいると、日本であたり前に食べれるものが海外では入手困難なんです。

なので、納豆巻きを食べれるのはセブ島では貴重です。
なお、フィリピン人は納豆の匂いとネバネバが苦手で、好んで食べません。

僕が一番好きな太巻き。
「Happy Sumo」に行くと必ず太巻きを注文しています。
セブ島にある日本食レストランで注文すると、桜でんぶが入っていなかったり具の味が薄過ぎたりするのですが、ここの太巻きがセブ島では抜群に美味しいです。

マグロ・サーモン丼。
シャリの具合もバッチしで、マグロとサーモンとマッチしてフィリピン人には好評でした。
特にサーモンがが好きで、クリーミーでサーモンの油が口にとろける感じが気に入っているそうです。

ごちそうさまでした!

安定で抜群な美味しさでした。
僕目線で評価すると、こんな感じです。

料理・味 4.5
雰囲気 4.5
接客・サービス 4.0
価格設定 4.0
総合 4.0

セブ島の日本食レストランは、全体的にフィリピンの物価を考えると高めです。
サービス面は、店員同士おしゃべりをしたり、気を取られて読んでも気づかないことがたまにあります。
味に関しては、申し分ないレベルで、個人的にシャリの量を少し増やして欲しいと思うくらいです。

日本酒も置いていますので、友人達とお寿司などを食べながらお酒を飲むこともできます。
是非、セブ島にきた際は、食べてみてください。

それでは、またです。

Twitterをチェックしよう!