【英語学習】モチベーションの上げ方

今日は、この内容についてお話ししていきます。

早速ですが、英語を学習する際のモチベーションを維持するのは大変ですよね?
勉強方法が分からず、全然成果が出ずに悩み落ち込む事があると思います。

僕自身も数えきれない程、自身の英語力の無さと悔しさを味わい落ち込んできました。
今もそうです。

学ぶとは死ぬまで勉強です!
まさにその通りで、少しずつ成長していけば良いと思います。急激にぐ〜んって伸びることはありません。

今日は、僕が英語学習を通して見つけた4つのモチベーションの維持と上げ方をお伝えします。

好きを通り越せ!!

好きを通り越すって、どういう意味分かりますか?

皆さんは、好きな事をしている時、無我夢中でそれを続けますよね?

好きを通り越すというのは、「無我夢中になる」なんです。
これはすごく大事です。

例えば、サッカー選手はサッカーが好きで上手いのは当たり前です。
でもトップ選手で活躍している選手は、更に今よりも上の高みを目指そうと色々な選手のプレーを研究し練習します。
彼らはサッカーに無我夢中になってるんです。

将来、英語を使う生活を送りたい又は英語を使う仕事に就きたい方は、英語が苦手でも勉強をしなくてはいけませんが、その先に新しい自分が待っている事を想像したら頑張れますよね?

これは英語学習だけでなく全てのことに共通します。

ベルリッツキッズ

赤ちゃん頃を思い出せ!!

英語初心者だと文法や単語が勉強の入り口だと思うんです。
でも、思い返してみて下さい。

皆さんが赤ちゃんの時に、どうやって日本語を覚えましたか?

家族が日本語で話しかけてそれを聞き、それを解釈し笑ったり泣いたり等の行動にうつし、言葉で発して修正してくれる。
大きくなるにつれて、読み方や書き方を学び成長してきましたよね?

であれば、最初にやるべき事は、英語を聞く!という事なんです。
好きな洋楽、洋画、スピーチ、ニュース何でも良いんです。

無理して興味の無いジャンルの英語を聞くより、自分が好きなジャンルの英語を聞いた方が長続きします。
とにかく、しっかり聞いて英語への抵抗感と英語に慣れるというのが大切です。

恥じない自分に恥じろ!!

英語を聞くという分野に慣れてきたら、次は話す!ところですね。

日本人の典型的なのは、

  • 人前で話すことが苦手
  • 間違えたら恥ずかしい

こんなところでしょうか?
こう聞くと一言言いたくなります。

「いやいや、恥じない自分に恥じろ!!」日本語を学び始めたとき、間違った言葉を使って笑われた事はありますか?
両親が正しい日本語に直してくれましたよね?

ミスして良いんです!
失敗は成功への糧になります!!

ミスしても、どこを間違えたのか?正しくどう答えるのか?を自分で認識する事が大切なんです。
ここを疎かにしてしまうと、いつまで経っても正しい文で話す事はできません。

その後に、読み書きを学習していった方が良いです。

ベルリッツキッズ

勉強する時間がすごく重要

学校に行くと、朝から夕方まで色々な科目の授業があります。
英語学習だけでなく、自習する場合は食事直後は絶対にさけよう!

食事直後は、食べ物を消化する事に神経が集中するので、眠気に襲われているとこに苦手な科目の勉強と来たら、ダブルパンチのノックアウトですね。

なので、食後1〜2時間は時間を空けて、学習した方が効率的でお勧めです。

まとめ

僕自身8年前に語学留学した時は、自己紹介すら英語で言えないくらい底辺にいました。
でもルームメイト(台湾人)や講師のサポートもあり日常生活では困らない位の英語力になりました。

英語だけでなく、学習は自分のペースで、自分流を見つけ出し、コツコツ効率よく学習していきましょう!
誰かがこの勉強しているから自分もしなきゃという事はありません。

今日から一緒に頑張りましょう!!

それでは、また明日です。

Twitterをチェックしよう!