プロフェッショナルに向いてない9つの定義

こんにちは。チーボーです。

早速ですが、プロフェッショナルな人と聞いて思い浮かべる人はいますか?

サッカー界では、メッシ選手、ロナウド選手、ネイマール選手….
野球界では、田中将大選手、イチロー選手、松井選手…
バスケ界では、マイケルジョーダン選手、コービー選手、レブロンジェームス選手…

一部になりますが、スポーツをしてきた人なら分かる超一流のプロ選手ですよね。

まだ、月1桁しか収益!?がない僕がプロブロガーです。って言ったら確実に炎上します。w

僕は9年間サッカーをしてきたので、サッカーを例にあげていきます。

サッカーが上手ければ、プロ選手になれるでしょうか?
それでプロになれれば、そこまで苦労はしないですよね。

皆、サッカーが上手いのは大大大前提

技術プラスαな事が必ず必要になります。

今日はプロフェッショナルな人間に向いていない9つの定義をお伝えしていきます。

①食事管理が出来ていない

スポーツ選手にとって、練習や睡眠と同じくらい大切なのが食事です。

戦う身体の基本は食からです。

・朝・昼・晩の3食を必ずとる
・好き嫌いをなくし、バランス良い食事をとる
・間食ではなく補食(炭水化物やビタミンを多く含むもの)をとること
・お菓子やジュースをとりすぎない
・サプリメントに頼らない

ベルリッツキッズ

②考え事ばかりしている

考えることは、決して悪いことではない。
むしろ、しっかり考え確固たる意志が必要です。

ただ、色々なことを考えて、それが意思決定の雑念になりかねない。
考えても決まらない場合は、すぐに決めず別のことをして頭をリフレッシュしてから決めると効果的。

学生時代に、サッカー日本代表キャプテンの長谷部選手の本「心の整え方」を読んでたことが今蘇ってきた。

③目標設定していない

これはスポーツだけでなく全てに当てはまりますね。
勉強・練習をただこなすだけでは、しっかりと習得することはできません。

例えば、フリーキックの練習の時に、ゴールに向かって蹴ってるだけじゃ何の練習にもなりません。
壁を想定しゴールのどの部分を狙うか考え、今日は「右端を狙おう」「左端を狙おう」など目標を立てて練習しなくては上達しません。

ベルリッツキッズ

④学ぼうとしない

これは、プロスポーツ選手を目指そうとしている人には致命的です。

学ばない姿勢=成長したくない

プロになる人は必死です。
これで成り上がらないとその先はない!と言う気持ちが必要。

本田圭佑選手の高校時代は、先輩にもいい意味で生意気で必死に練習しコーチ等から吸収していたようです。

⑤コーチを信用していない

これは、④にも関連してきますが、コーチ・監督と言うのは指揮官でありチームの色となる存在です。
また、コーチは自分よりもうまく知識も豊富です。
一匹狼になるとどうでしょうか?

チームで孤立する可能性が出てきます。

コーチは、特に選手のメンタル部分や体調面でも、今後の備え方を伝授してくれる存在です。
自身の成長を手助けしてくれる存在ですし、信用しないと言うマイナスはないです。

⑥計画性がない

計画性がない人生は、危ない綱渡りです。
中学高校までは、その場しのぎでも良かったかもしれませんが、大学以降で計画性がないと備えがなく後悔続きの人生が待っています。

僕が今その後悔の真っ只中。
抜け出せるように必死です。

計画を立てて、しっかりと地道にコツコツと積み上げてきたからこそ成功が見えてきます。

でも、どんなに有名な方でも人生に損したりミスしたことがない人はいません。
もしも、いたらヤバイです。w

⑦自身がない

自信がないのは、物事を悪い方向に進むのをイメージしてしまうから。
今のぼくも自信がない。
ブログという経験したことが無い事に投稿して、自身のライティング力のなさが露呈してしまっている。

今からでも自信に変える事ができる!!

●小さな目標をたてよう!
いきなり高い目標を立てて行動しても、高すぎて諦めてしまったり挫折してしまう可能性があります。
小さくてもコツコツと積み上げて行くことで、一歩また一歩と自信という階段を上る事ができます。

●反復練習
自信がない理由として経験値が少なく、成功するとか失敗したらどうしよう。と感じてしまう。
自信をつける方法としては、ひたすら同じ作業をする。
ただ、こなすだけでは意味がなく、頭を使い考えて作業する事によって、自然と業が身につき自身へと変わる。

⑧娯楽に時間を使う

結論、息抜きは必須です。
練習・勉強を詰め込んで行うと吸収力・効率は悪くなります。
適度に映画鑑賞したりカラオケに行ったりリフレッシュしながら、練習・勉強を行うと効率的です。

ただ、リフレッシュし過ぎてしまうのも良くはない。
リフレッシュしている最中に、何かしらやらなきゃいけないというサインが出たら止めよう。

⑨睡眠を怠る

睡眠は、食事と同じくらい大切です。
睡眠をしっかりとることで、心身のメンテナンスと疲れを取り次の日のエネルギーへ備える時間になります。

睡眠を怠る=翌日の心身の乱れ

学生時代はよく朝まで遊んだりしていました。
そのまま大学へ行ったりバイトに行ったり、、

でも、その日の体調面は最悪です。
眠気が脳を駆け巡り、集中力が散漫し効率は最悪です。

睡眠時間は、個々によって違います。
無理に夜更かしするよりも、眠気が来たら眠り自然と起きるのが一番です。

因みに、目覚ましで起きるのは、あまり脳に良くないとの事です。
朝太陽の自然光を浴びて起きる事によって、その日の体調が変わってくるといっても過言ではありません。
最近、僕自身も目覚まし時計を掛けずに自然に身を任せた生活を送っています。

まとめ

いかがでしょう。
私が思うプロフェッショナルに向いていない人の特徴9つを挙げてみました。

人生を変えるのに年齢は関係ありません。
今からだって少しずつ変える事ができます!!

それでは、またです!

Twitterをチェックしよう!