アイキャッチ 画像-リスク管理と危機管理

【海外生活】リスク管理と危機管理の意識で自己防衛

ター坊
普段お仕事しないポリスメンもここぞとばかりに働いてるアピール
ピナコ
ポリスとは無縁の生活♪
ター坊
誰しもお世話になりたくないさ!
ピナコ
悪い事はだめよ!

失敗は誰にもでも経験するもので、誰しもが失敗をしたくないと考えるのは至極当たり前の事である。
しかし、失敗は成功の元というが、大事な局面で許されない失敗をしないかと重圧がのしかかったり、
場面事に判断しないといけない事があります。

今回の記事は日常生活からリスクマネージメントを意識した行動で、
身に起こる事件、事故を防ぐための危機回避能力を高めようという内容です。

それではどうぞ!

・予想されるリスクを把握する
・リスクが発生してしまった時の対策
・報告・連絡・相談の導線を確保しておく

 

リスクはつきもの

日常生活、仕事を行う上で常につきまとうリスク。
それをいかにして、回避するかどうかは幼少期の頃より鍛えられている。

車に轢かれないために幼稚園、保育園ですでに言われている、
横断歩道を渡る時は、「右見て、左見て、もう一度右みてから渡る」と、
誘拐を未然に防ぐように、知らない人にはついていかない。

そうです。
生活する上でリスク管理は幼少期の頃から、身に付けているのです。
それが大人になるにつれ、仕事を行う上で損失が出ないようしっかり考え込まれていきます。

普段の生活、業務を卒なくこなす為にはリスク管理は重要な行動の一つなのです。

ベルリッツキッズ

リスクが発生する前に意識する事

リスク対策

有事の際、何が起こるかというと、身の危険、多大な損失、周囲に迷惑がかかる。
失敗を恐れずに挑戦するという言葉の中には、こういった思考力があってこその挑戦。
何も対策をせずに挑戦は無謀とも言えます。

・事故に遭う
・事件に巻き込まれる
・大怪我してしまう。
・大きな損失を被る
・信頼を失う
・出世が遠のく
例え、不可抗力なリスクといえど、万が一に備えは大事です。
常にアンテナを張り、迫りくるリスクを避けるようにするのがベストです。
事前にリスクを抑える事がポイント
・リスクを特定する
・分析する
・リスクを評価する
・リスクの対応策

危機管理で損失を防ぐ

コミュニケーション

万が一、問題が発生してしまった時は、一度冷静になり、状況を整理しましょう。
そして自分で抱え込まずに、周りに相談できるような環境を作りましょう。

ここで慌てて、火に油を注いでしまっては、元も子もありません。
逆にピンチがチャンスです。

事前に対策を練っても予想だにしないハプニングが起こり得る事もあるので、
事前に報告・連絡・相談が出来る相手を見つけておおくと、気持ちが少し楽になります。

事の重大さ次第ではあるが、丁寧に対応すれば、社内の評価はもちろんの事、
取引先、顧客からもマイナスな影響を受けずに済みます。

クレーム対応がしっかりしてる人なら安心感がありますよね。

ベルリッツキッズ

海外生活で意識したい事

海外に移住、海外旅行時に意識したい事は「防犯」である。

窃盗、強盗、事故、その他諸々気をつけたい。

日本の常識は海外では通用しません。

海外へ行く前に調べておく事は

・緊急連絡先

・大使館(領事館)の場所

・治安・情勢を事前に調べておく。

上記、3つの情報を事前に収集しておく事。

また、こんな行動はNGは

・夜間の不用意な外出

・不慣れな土地の1人行動

・知らない人に着いていかない

細かくあれば山ほどあるが、まずは海外へ行くと、興奮状態になる。

旅先に行けば、多少なりとも仕方がないが、そこをしっかり自分をコントロールし、安全にお楽しみ頂ければ幸いだ。

最後に

日常生活でも、仕事上でもしっかり、リスク管理、そして危機管理能力を備えておけば、人生を豊にするポイントに繋がります。
逆によく失敗をしてしまうという場合は、きっとリスク管理能力のなさ、問題が発生しても対処も出来ず、人生を損してしまう、
可能性もあるので要注意です。

・常にアンテナを張る
・リスク回避の思考力、行動力
・冷静な対処
・連携の取れやすいように日頃コミュニケーションを取る
・心に余裕を持とう

セブ島からTry to next - にほんブログ村それではSee you next~!!!

アイキャッチ 画像-リスク管理と危機管理
Twitterをチェックしよう!