【フィリピン・セブ島留学】再開したら確認したい必須事項

今日は、この内容についてお話しさせていただきます。

・留学関係の仕事を8年以上
・セブ在住歴8年

2019年末から感染が始まったコロナウイルス。

フィリピンでは2020年3月ごろから徐々に感染者が多くなり、語学学校も3月中旬に行政機関より授業停止の指示があり、3月下旬からロックダウンされています。

8月26日現在、語学学校を再開することはできていません。

語学学校はいつから再開されるの?

語学学校関係者や留学を検討している人は、一番気になりますよね?

結論、再開時期は不透明で誰にも予想することはできません。

下記画像の通り、住んているセブ島の感染者は8月に入り少しずつ落ち着いてきた印象を持ちます。

ですが、フィリピンには以下3つの規制が解除されないと語学学校の再開はないと思っています。

・外国人のフィリピン入国禁止を解除
・ロックダウンが解除されニューノーマルへ移行
・入国後に行われる特別隔離生活の解除

残念ながら、2020年で語学学校が再開されるのは難しいと考えています。

現在フィリピンは、ロシアと中国で開発されたコロナウイルスのワクチンを使用するという噂があります。
このワクチンが副作用無しに効果が出るのか不透明です。

僕自身、語学学校の再開時期は早くて2021年4月になる見込みだと思っています。(延長される可能性があります。)

ベルリッツキッズ

留学するにはどうすれば良いか?

語学留学を検討する場合、留学エージェントを利用しましょう!

語学留学する際に、直接語学学校にお申し込みか留学エージェントにお申し込みする方法があります。

語学学校にお申し込みする方が簡単に思えますが、基本メリットしか言いません。

留学エージェントの方が、色々な語学学校を見てメリット・デメリットをしっかりと教えてくれますし、希望に併せて複数校を案内してくれます。

留学エージェントは、現地にオフィスがある会社を利用しましょう!

理由は、現地にオフィスがある留学エージェントの方が、豊富な情報量で最新情報を提供してくれるからです。

今後、しっかり返金規定を確認しましょう!

語学学校が再開されて一番重視した方がいいのは、返金規定です。

今回、コロナウイルスの影響で急な授業停止の指示があり、ほぼ全留学生は母国へ帰国を余儀なくされてしました。
残念なことに、その際に数校で起こってしまったのが返金トラブルです。

①ある語学学校は、特別措置として残存留学期間から60〜70%返金
②ある語学学校は、従来の返金規約に基づいて返金

こういう時の語学学校の対応は様々でした。

①の対応をした語学学校は問題ありません。
②の対応をした語学学校は、生徒間での返金トラブルがありSNSなどで炎上していました。

こういう時のために、語学学校が再開されて留学する際には、返金規定をしっかり読みましょう!
分からない事があれば、メールや電話で分かるまで確認しましょう!

ベルリッツキッズ

大型校だけが良質な語学学校ではない

既に何校か、コロナウイルスの影響で閉校した語学学校と留学エージェントがあります。

前述でも書きましたが返金トラブルがあった中には、大型校が含まれています。

大型校=良質な語学学校という感覚は捨てましょう。

大型校だと、在校生が多く、豊富なカリキュラム、国際色が豊かなどメリットはあります。
ですが今後、今までの語学学校の決め方は変わってくるでしょう。

現在も、コロナウイルス下でも試行錯誤している語学学校は多くあります。

その為、留学エージェントにお問い合わせしてしっかり確認することをオススメします。

最後に

今後、語学留学をする際に以下を確認して決めましょう!

・語学学校と留学エージェントの返金規定をしっかり確認しよう!
・返金規定にコロナウイルスで授業停止・または感染した時の返金や学校の対応を確認した上で、留学目的にあった語学学校を探し決めましょう!

全世界に影響を及ぼしているコロナウイルス。

日本も第2波が来て、いつ収束するか不透明。
セブ島が大好きな僕に取っては、早く収束して賑やかなセブ島に願うばかりです。

これが、少しでも参考にして頂けると嬉しいです。

それでは、またです。

Twitterをチェックしよう!