【知らないとマズイ】今日から使える英単語〜これが分かればOK〜

今日は、この内容についてお話ししていきます。

英語学習する一番のメリットは、世界観の変化です。

海外旅行へ行った時にガイド本などに掲載していない、現地人オススメのレストラン等に行けたら楽しくないですか?
英語が話せることで、有益な情報を現地人から得る事ができます。

外国人と会話をする時、英語初心者の方は特に単語単語だけで会話してたりしませんか?
僕も気をつけていますが、単語単語で会話をしてしまう事があります。

英語が話せれば、旅行の楽しさが何倍もアップします。
流暢に話せるレベルに、すぐになろうとは言いませんが、ある程度意志の疎通が取れるだけで、全然違います。

もしかすると、、、

外国人の彼女とデートなうって将来言えるかも!?

夢ありますよね!

自分自身も英語勉強者ですので、少しでも皆さんの英語学習のお力になれればと思いまとめてみました。
紹介する単語を知っておくだけで、会話の振り幅が天と地の差ぐらい違います。

簡単ではないですが、一つ一つ吸収していきましょう!

1.アイデアの追加

also…もまた、さらに、同様に,
in addition…加えて、その上
additionally…その上、加えて、さらに
moreover…(副)その上、さらに
besides…(前)…の他にも/否定、疑問ー…を除いて (副)…その上、なお
as well as…同様に
another…もう一つ別の、他の
in fact…実際は
next…次の
accordingly…(副)従って、それゆえに
in other words…言い換えれば
more specifically…具体的には
undoubtedly…疑いの余地がないほど確かに
for instance…例えば

ベルリッツキッズ

2.比較・対照

however…(副)しかし
in comparison… 〜と比較して
although… (文頭)〜であるが、だけれども、とはいえ/(接続)しかい、だが
but…(接)しかし、けれども
on the other hand… 一方では、他方では
by comparison with… 〜と比べれば
even though… … であるにも関わらず
in spite of… 〜にも関わらず
instead… (副)代わりに
nevertheless… (副)それにも関わらず
on the contrary… [今述べられた事に強く反対して]それどころか、とんでもない
otherwise…(副)1,別な方法で、他の状態で/2, [命令などの後で接続詞的に]さもなければ
/3,その他の点で
 (形)異なって、違って、[otherwise thanの形で]<…とは>異なって
unfortunately… (副)不幸にも、あいにく
yet…まだ
notwithstanding…(前)〜にも関わらず、(副)それにも関わらず、(接)
that…だけれど
neither…(代)どちらも…でない
either…(形)どちらか一方
likewise…同様に

3.類似

also…(副)また、(接)そしてそのうえ
as…(副)as[形容詞or副詞]as 同様に、同じくらい
similarly…(副)類似して、同様に
in the same way…同様に
likewise…同様に
like…(形)同様な、(前)〜のような、〜らしく、〜にふさわしい、(副)たぶん、おそらく

ベルリッツキッズ

4.違い

in contrast…反対に、これに対して
however…(副)しかしながら、けれども、(接)どんな仕方でも
still…(形)静かな、(名)静けさ、(動)静める、落ち着かせる、(副)まだ、今まで通り、それでもなお
even though…であるにも関わらず
on the other hand…それに対して、一方、それに引き換え
but…しかし、でも

5.位置関係

above…〜より上のほうに、〜より高く、〜より上に
beside…〜の側に、〜と比べると
across…〜を横切って、〜を渡って
from…〜から
adjacent…近隣の、隣接した
behind…後ろに
below…〜より下のほうに、〜より低く
beneath…〜の下に
here…ここに
in back of…〜の後ろに
in front of…〜の前に
against…〜に反抗して
alongside…側に、並んで、一緒に
among…〜の間に、〜の中に、〜に囲まれて
around…周囲に、周りに
throughout…至るところ、隅から隅まで
between…〜の間に
eventually…結局は、ついに、やがて
over…〜の上方に
on top of…〜の上部に
inside…内部、内側
outside…外部、外側
near…近く
off…〜から離れて
onto…〜の上に
into…〜の中に
beyond…〜の向かうに
順序・時間
after…〜のあとで
afterward…のちに、その後
as soon as…(接的)〜するとすぐに、〜するやいなや
at first…最初は、初めは
at last…最後に、とうとう
at present…現在、今は、目下
at the same time…同時に、
during…〜の間ずっと、〜の間に
first of all…まず第一に
formerly…以前、昔は
meanwhile…(二つの事が始まる)その間に、(次の事が始まる)それまでは
in the meantime…(2つの事が起こる)その間に、それまでに
since…〜以来 [it’s…since…]〜してから、[ever since]〜して以来ずっと
thereafter…その後、それ以来
at length…ついに、ようやく、
presently…まもなく、やがて
soon…すぐに
immediately…直ちに、早速、直接に
from time to time…時々
before…以前に、かつて、すでに
all of a sudden…不意に、急に
instantly…直ちに、即座に、(接的)〜するが早いか
formerly…以前、昔は
since then…あれから、以後
beforehand…前もって、あらかじめ、事前に

6.結論・結果・要点

as a result…その結果として
for example…例えば
for instance…例えば
in any case…どうあろうと、いずれにせよ、とにかく
in brief…手短に言えば、要するに、簡単に
in conclusion…終わりに臨んで、結論として
in fact…実際は、 [前文を補足して・強調して言い直す] もっとはっきり言えば、それどころか
in other words…言い換えれば
in short…一口に言えば、要するに
to sum up…要約すれば、要するに
in any event…[未来の事]とにかく、いずれにしても
accordingly…それに応じて、[接的] よって、従って、それゆえに
because…なぜなら
consequently…その結果、従って
finally…[文頭] 最後に、終わりに当たって
for this reason…というわけで、このような理由で
fortunately…幸いにも、幸運にも
in any case…どうあろうと、いずれにせよ、とにかく
therefore…それゆえに、従って、それによって
thus…このように、従って
all in all…[文頭] 大体において, 概して言えば

最後に

いかがでしたか?
英語は、本当に奥が深いです。
これだけ、覚えただけでは流暢に話す事は難しいですが、会話の幅は広がります。

これらは色々な場面などで役立つ英語ですので、参考に今日からLet’s try!!

それでは、また明日です。

Twitterをチェックしよう!