お金に変えられない経験のために、留学の目標は必須ではない

今日は、この内容についてお話しします。

長年、留学関係で働いている身として言うのもなんですが、留学の目標って必須ですか?

目標なんて、留学期間中に変更してもいいのではないでしょうか?
過去に1,000名以上の留学相談に乗ってきましたが、無理に目標設定している人や曖昧な人が多いと感じています。
留学後の就職やワーキングホリデーを意識しているのは分かりますが、無理しなくで大丈夫ですよ。

留学前に目標設定してもいいけど、目標に縛られる必要は無し。

理由は、目標に縛られるあまり自由度が下がります。

具体例で表すとこんな感じです。

2012年にセブ島留学していたのですが、その時に日本人と一切絡まないと決めた日本人留学生がいました。
当時、フィリピンで留学と言うことが、今ほど日本で知られていない時期です。
そういった時期に留学する日本人は2種類に分けられます。

  • 優等生
  • 変わり者

僕自身、留学中にはお金に変えられない多くの出会いを経験しましたが、もしも英語力向上目的に日本人と話さないと決めていたら、出会いはほぼゼロです。

よくある質問:目標があったほうがは頑張れるのか?
もちろん!目標設定することはいい事です。
例えば、「留学開始から3ヶ月でTOEIC200点アップ」といった目標設定をしてもいいですが、目標なんで留学中に変更してもいいくらいの気持ちが良いです。
理由は前述のとおりで、目標に縛られていたら意味がないからです。

留学の目標を立ててもいいけど、縛られないようにしよう。

次に、留学にぴったりな目標を考えてみましょう。

ベルリッツキッズ

留学に”ぴったりな目標”を考えてみる

要点は『英語』『友達』『付加価値』の3つ。

① 英語を勉強する:留学する上で、当たり前の目標
② 友達を増やす:普段出会えない人達と会える
③ 付加価値を付ける:留学を『英語を勉強する』『友達を増やす』だけにしない

① 英語を勉強する:留学する上で、当たり前の目標。

英語学習は当たり前です。頑張って勉強して身につけましょう。
ちなみに『留学したら英語が伸びる』は嘘なので注意してください。
『留学含め、英語学習をコツコツ行ったから、英語が伸びる』のが正解です。
これを達成するにはどうすべきか?
それは、今から勉強するだけ。
自宅でも行える英語学習方法をまとめたので参考にどうぞ。

ベルリッツキッズ

② 友達を増やす:普段出会えない人達と会える。

どうせ留学するなら楽しんだ方がいいです。
色々な友達は増やしましょう。日本人だけじゃなく、多国籍の友達を作るべきです。
韓国人は反日であるとか、中国などの国同士の問題といった事での価値観は崩れるはず。

③ 付加価値を付ける:留学を『英語を勉強する』『友達を増やす』だけにしない

この記事を読む方は『留学中の目標』を気にしている人が多いと思います。
なぜ、『留学中の目標』を気にするかというと、『留学後のキャリア』を考えているからです。

『留学後のキャリア』を考える理由は『企業からの評価』となります。
じゃあ企業から評価を得るにはどうするか?

結論、主体的に動きましょう!

普通に英語学習のために留学してても良いですが、それだけじゃ何処にでもいる留学生です。
留学の目標は、英語学習し柔軟に、お金に変えれない経験を狙うことです。

最後にポイントをまとめます。

  • 目標は設定しても良いですが、目標に縛られないように。
  • 英語は最低限勉強しましょう。
  • 多国籍の友達を作ろう。
  • 留学に付加価値を付けて有効活用しよう。

これが、少しでも参考にして頂けると嬉しいです。

それでは、またです。

Twitterをチェックしよう!