writing

【WEB知識0でも!?】完全初心者のためのブログの立ち上げ方 〜ブログの書き方編〜

こんにちはター坊です。

最近はセブもやたら暑くなり、バターが瞬時に溶けそうなほどの気温になってます。
こんな時は冷たいアイスコーヒーを飲みながら、ビーチでのんびりしたいですね。
さて、本日はブログの書き方について書いていきたいと思います。

前回までの記事はこちら
【WEB知識0でも!?】完全初心者のためのブログの立ち上げ方 〜サーバー契約編〜
【WEB知識0でも!?】完全初心者のためのブログの立ち上げ方 〜WordPressインストール編〜

ブログを書く前に

meeting
まず、ブログを立ち上げたからといって、喜んではいられない。
というのもまだ成果は出てないのです。
これからまだまだやる事も多く、しっかり戦略を立て運営していくのが、
ブロガーとしての道を切り開けるものだ思います。

ベルリッツキッズ

戦略はしっかりと

これに関しては立ち上げる前に、しっかり練っておくのが1番。
何を伝えたいのか、管理人はどういう人なのか。
どういう方向性でいくか。投稿頻度はどれくらい?

など、目標設定もそうだが、運営に関して、ブランディングも怠っては長続きしない。
色んな話題を記事にしても、このブログってよくわからないとなってもいい事はない。

しっかり自分の中でルールを設定し、続けていくのがベストです。

  • ブログのテーマとは
  • 目標設定は
  • 投稿頻度
  • 競合と戦うのか、もしくは自分のオリジナルで勝負か

ある程度決まったら自ずと、自分のやるべき事が見つかり、いざインプットしアウトプットする。

タイピングは練習しておく

ブログを書いてる人の大半はPCから書いてるでしょう。
中には携帯のフリックで書いてる人もいると思います。

なぜ、タイピング(携帯の人はフリック操作ですね)が必要かと言うと、作業時間の短縮になるからです。
ブログを1記事書くと、人によっては8時間など掛かってしまうそうです。
そんな私は今のところ約8〜10時間程要します。
※筆者は記事の構成、SEOキーワード選定で時間が掛かってしまうタイプです。

仮に記事のテーマ、SEOキーワード選定、下書き、実際に書くという流れが8時間の場合、
タイピング速度によっては時間短縮が測れるというメリットがある。

そんな私も今現在、早い訳ではないが、遅くもない。
もし、自分のタイピングが遅ければ、8時間かかるものが10時以上掛かってしまい、時間の無駄になる。
個人的な解釈としては機会損失が生まれてしまうような気がするのです。

最初はストップウォッチを使い、自分の作成時間を測り、時間短縮に向け効率化、タイピングスキルを上げる事をオススメします。

ベルリッツキッズ

著作権について

ng
これは必要不可欠な要素の一つとしてみてます。
というのも自分の書いた記事内の画像、引用された文章が法に違反していないか、誰かを中傷していないかなど、下手をすると裁判沙汰になる可能性もあるようですので注意が必要です。

簡単に説明すると

  • 著作権は画像、または動画を撮影した人が持っているとされます。
  • 肖像権は撮影された人が持っているといわれます。
  • パブリシティ権はもし、街で有名人や芸能人を見掛け、一緒に写真を撮り、ブログやSNSなどに投稿をしてしまうと、集客や利益を得るために使用するため、無断で使用してしまうと、損害賠償を求めれてしまうケースも。。。

他には個人情報の記載、誹謗中傷するような内容は避けましょう。
事実と異なった事を書いてしまうと、法に触れたり、人を傷つけてしまう事がありますので注意が必要です。

HTML&CSSなどのプラグラミングスキル

必須とまではいかないが、ある程度は把握しておく必要があります。
ブログによっては簡単にタグをいれたりする事もできるが、しっかりタグの意味を理解し、適材適所に配置していきましょう。
今後、WEB制作も携わるなら尚、必須となるので事前にしっか学習しましょう。

ブログの見栄えを一工夫するだけで、読者の目にとまったり、見やすくもなるので大事なスキルの一つでしょう。

デザインはある程度整えよう

まず、読者が訪問してきて、ここはこういうブログなのかと意識させる事が必要です。
デザインが統一されてなかったり、メニューの場所が分かりづらかったり、コンテンツはどこにあるの?となっても決して読者が増える事もなければPV数も上がる事はなく、
ブログを書きながら、デザインに手を加えるのも一苦労なので公開する前にある程度、作り込みましょう。

慣れてきたり、新しいデザインを思いついたら手を加えるのもいいですね。

ブログの書き方

ここまできたら後は記事を書いていくだけです。
しかし、闇雲に書いても果たして読者のニーズに合ってるか、SEOキーワードの選定は大丈夫?
その書き方で合ってるのか?と思うかもしれません。

なにはともあれ、トライ&エラーです。

書くときは

ブログをやってる方は様々な方がいます。
ビジネスとして記事を書いている人、趣味の事を記事にしている人、または自分の身の回りに起こった事、日記のように使ってる人もいます。
大方はビジネスでしょう。

もちろんこの「Try to next」もビジネスとして運営しております。
人の役に立つようなコンテンツ、悩みが解決できるよう取り組んでおります。
たまに、自分語りもありますが、そこはどうかご容赦を(笑)

まず、意識したいのは書き方です。
これを意識すれば、大抵は問題ありません。

  • 結論
  • 理由
  • 具体的な解説
  • 結論のまとめ

結論から先に

ブログは書籍などとは異なり、ネットで検索すれば情報は溢れ、
読者が読むのを途中で中断しやすい媒体だからです。
そのため、結論から先に述べる事が重要です。

理由

ここでは、結論について語った事の理由を述べましょう。
例えば、「ブログを書いたら5万の利益がでました」と言われても、どうやって?なぜ?と、読者は疑問に思いますよね?
疑問を持たれる前に、理由を述べる事により読み手に理解、納得してもらう事で中断するのを防げます。

具体的な解説

ここでは、理由で書いた事を解説していきます。
上記の理由からブログで5万の利益はこうして生まれた事を具体的に解説していきます。
方法や手段、自身の体験談を織り交ぜると説得力は増し、読者に有益と思ってもらえるでしょう。

結論のまとめ

ここでは記事のまとめを書いていきます。
理由、解説を踏まえ結論を述べる事で読者に納得してもらう最後の要素となります。
これがリピートに繋がる可能性となるので、しっかり伝えていきましょう。

まとめ

みなさんいかがでしたでしょうか。
この記事が何かのお役に立てれば幸いです。

また、ネットでの誹謗中傷に関しては自殺者もでている事から、しっかり法整備、モラル、マナーが守られるよう願います。

それではSee you next~!!

writing
Twitterをチェックしよう!